医療用語を分かりやすく説明する配慮が必要

医療スタッフは仕事中に医療用語を使用する機会が頻繁にあります。
医療用語を看護師が詳しく理解していなければ、仕事にも支障をきたしかねません。
そのため看護師になるためには多くの専門用語を暗記し、その用語が意味する内容も理解が求められます。

実際に看護師が勤めている医療現場では、難解な専門用語が医療スタッフの間で頻繁に行き交っています。
ただし、専門的な医療用語に頼りきるのも問題です。
確かに、看護師の仕事で専門的な言葉を理解する事は不可欠ではあるものの、言葉は状況に合わせて適切に使い分ける必要があります。

医療関連の高度な専門用語を理解できるのは、医療スタッフに限られています。
そのため、詳しい医療知識を持たない患者に対しては、医療用語を使ったとしても意味が通じません。
看護師は患者と接する場面も多く、その際の患者とのコミュニケーションも重要な業務内容の一つです。
患者への説明の中で難解な医療用語を使ったとしても、本来の看護師の役割を果たしたとは言えません。
まだ看護師の仕事に慣れていない新人は、相手に医療用語をどのように説明すればいいのか悩む事が多々あります。
そこで難しい医療用語を数多く暗記するだけでなく、分かりやすく説明するとしたらどのような言葉を使えばいいのか普段から考える事も大切です。

専門的な用語を分かりやすくする手掛かりとして、ベテランの看護師がどのような言葉を使っているのか確認してみる事も手掛かりになります。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です