新人看護師が学習し続ける為のコツ

新人看護師の期間は大変多くの医療用語を覚える事が必要です。
日々の仕事で経験した疑問点は自発的に問題解決に臨む事も重要で、この積み重ねが看護師としての優れた能力を培う為の秘訣とされます。

解剖学や生理学的な要素は看護学校で学んでいるため、新人看護師の期間は基礎的な知識が記憶に残っていることが多いです。
しかし、個々の配属先で必要とされる疾病の知識や実践的な看護技術は学問として学んだ内容とは異なるものです。
その為、ベテラン看護師でも転職や勤務部署の変更等の際にはで必要に応じて新たな医療用語を学んでいるのが現状です。

新人看護師は基礎的な看護スキルとされるバイタル測定の技術や点滴などの実践的な技能の習得が必要です。
加えて、配属先で不可欠な医療用語も学び続けなければならないので、日々の仕事で学んだ知識の復習が不可欠です。

医療現場で働きながら新たな知識を学ぶことで、この知識が実践的な能力として身に付くことになります。
その結果、はじめは覚え難いと感じた医療用語でも、日々活用する身近なスキルと関連性が強いので専門性の高い知識でもスムーズに身に付くようになるのです。

ナースが継続して学び続けるためにはモチベーションを維持する事も重要です。
その為、将来的に上級資格の取得を目指しキャリアアップを計画したり、実務経験を積んで雇用条件の良い医療機関へ転職してみるなど、率先して学び続ける為に工夫を凝らす事も重要なポイントです。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です