看護師が苦労する英語や法律の医療用語

看護師になって避けられないのが医療用語の勉強であり、専門的で日常ではあまり使わない言葉が多いため覚えるのが大変です。
しかし仕事の上で医療の用語は必ず覚えなければならないため、根気強く覚える必要があります。医療の専門用語の中で覚えるのが大変であるのは、英語に起因する用語です。
病院など医療機関での治療は西洋医学が中心であるため、使われる専門用語も英語が数多くあります。英語があまり得意でない人には、医療の用語がさらに覚えにくくなります。
特に頭文字だけの略語は何を意味しているのか分かりにくいのが問題です。

その他にも、病気の名前や症状が英語の場合には、覚えるのが大変と感じる看護師が多くいます。
その他、医療用語の中には、法律や制度に関する言葉も頻繁に登場します。
医療サービスと行政は密接な関係にあり、病院などの施設で働く際には医療に関係する法律や制度についても詳しくなければなりません。
また医療関連の法律や制度は数年ごとに新たに作られたり廃止されるケースも珍しくなく、その度に新しい用語を覚える苦労が伴います。

このように英語関連の医療用語や法律、行政関連の用語は覚えにくい部類に入るため工夫が必要です。
一度用語を見ただけでは忘れる事が多いため、記憶が薄れる前に定期的な復習が欠かせません。
忘れる前に復讐すれば記憶が強化されて忘れる事が少なく、仕事中に言葉を使う必要のある場面でとっさに思い出すことができます。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です